現行犯逮捕の瞬間を見た。午前2時の警察の逮捕劇

blog

皆さん、警察官による現行犯逮捕の瞬間って見たことありますか?僕は先日たまたま出くわしました。それも2件も。

赤信号無視の交通違反で現行犯逮捕

昨日の午前2時過ぎ。国道1号線を五反田から横浜に向かっている最中のこと。僕の1つ前の交差点で、信号機が黄色になった。後続車がスピードを出していなかったのも幸いに、スピードを上げず、のんびりと走っていた。

ところが、僕の前を行く車が勢い込んで、そのまま止まらずに渡ってしまおうとしていた。しかし、黄色の信号はすぐに赤になってしまい、前の車は止まらざるを得なくなった。けれど、前の車はそのまま信号を無視して、突っ切って行ってしまった。右側からも左側からも横断する車はすぐに出てこなかったので、事故にはならなかった。

けれど、ゆっくりと右側からパトカーがうなりをあげて出てきたのだ。そして、パトカーは悠々と交差点を右折して、グングンとスピードを上げた。すぐに赤信号を突っ切った車に追いつき、その車を道路に止めさせたのだ。きっとドライバーはツイテイナイなぁっと思ったことだろう。しかし、パトカーはツイテイルと思ったかも知れない。午前2時という時間に、獲物を捉えることが出来たのだから。暇つぶしにもなっただろうし。しかし、まさに警察はポインターみたいでした。でも、事故にならなくて良かったです。。。

次の日は、ひったくりの現行犯逮捕!?

よく晴れた昼間でした。恵比寿の街を歩いていたら、前から、グレーのトレーナーの男が走ってきた。と思ったら、とまった。何かと思って、振り返ると、そこには警察官が数人。僕の後ろから登場した数人の警察官は、そのまま僕を追い抜いていった。さらに、僕の前の男は、後ろを向いて走ろうとした瞬間、前からきた別の警察官に捕らえられていた。この時間、わずか5分もない。とてつもなく速くてビックリした。どうやら、ひったくりだったらしく、女性もののハンドバックを、グレーのトレーナーの男は持っていたのでした。巻き込まれると困るので、そそくさとその場を退散しましたが。

ところで、現行犯逮捕とは?

例を挙げるとすると、目の前で盗みをしていた者を逮捕する場合や、ものを盗んだ犯行直後の人などを逮捕する行為ですね。これは、警察官だけではなく、一般人でもできます。とはいっても、一般人である僕などが勝手に現行犯逮捕などをしようとすると、下手をすると、暴行罪になりかねないケースもあるので注意が必要です。

逮捕後は、すぐに警察に引き渡しましょう。ちなみに、痴漢などで駅員さんに引き渡すのも問題はないですが、警察じゃないと、基本的にはいけないです。ちなみに逮捕をした人が一般人で、そのまま犯罪者を引き渡さないと、逮捕罪や監禁罪になっちゃうかもです。怖いですね。