妖艶な松田龍平が踊る映画「御法度」レビュー

妖艶な松田龍平が踊る映画「御法度」

映画「御法度」
出演:松田龍平、ビートたけし、浅野忠信

1999年に「御法度」は公開された時代劇の邦画です。
大島渚監督作品。最後の作品になりました。
司馬遼太郎の短編小説『新選組血風録』の「前髪の惣三郎」と
「三条磧乱刃」が原作です。
松田龍平のデビュー映画です。

新撰組内部を描いた作品だったんだけど、
確かにこれまでの新撰組を描いた作品とは、一味もふた味も切り口が
違います。いつもの新撰組を見たい方、NHKの新撰組ファンの方には
ちょっと違いすぎてビックリかもですね。
見せ方がまったく違いますね。時代劇って、いつも一面的な内容だから、
つまらない!って思っているヒトには、まさにワクワクの作品かも!

いわゆる男色、、、ゲイの話になっています。
昔の時代を表現したかんじの世界観ですね。
男くさい世界の闇、裏の部分を表現しています。
実際、日本も昔はそうだった。
というところをリアルに表現。
ある特定ターゲットに当てられているという見え方もできますが、
芸術性があるのでは、と感じられます。
もちろんですが、
史実100%ではないです。
アクションエンターテイメントというよりかは、
恋愛系の時代劇です。
かっこいい、面白い、キレイ、えっち、悲しいなど・・。
これら基本のジャンルからは離れていますが、
江戸時代、幕末のリアリティを
上手に表現しています。
もし、今表現すると、
エンタメ、お笑い要素のほうが強いかもですが。

そういう意味でも、この作品は芸術性に追随をおいた作品でしょうね。
役者も演技の上手な役者をズラリ・・
ビートたけしも、浅野忠信もいいのですが、
キーマンに坂上二郎というのが、まさに・・・
でも、松田龍平は、ほんとーにきれいですよ!
武田真治もかわいいかんじが出ています。
音楽は坂本龍一さんで、これも世界観の表現がいいですね。
時代劇の音楽で、
坂本龍一さんはめずらしいですよね。

第9回淀川長治賞受賞、第1回文化庁優秀映画賞受賞作品です

┌───◆・・・『新鮮組を別の視点で捉えた時代劇』・・・◆──┐
・ビートたけしの使い方が微妙にいつもと違います!
・脇を固める役者の芸達者ぶりはさすがのものですね
└──────────────────────────────┘

オススメ度
期待 ☆☆☆ → ☆☆☆