統一地方選挙:区議選の投票率がよくなかった話

日曜日に行われた統一地方選挙。東京でも、品川区での区議選や大田区では区長選挙などが行われました。

話題性が薄かったせいか、投票率が最低かもしれない、など、ネットニュースでも流れていた。

天気もそこまで悪くなかった。

区議選の場合、区画が小さいので地方の小さな利益的公約が出ているので、わりと具体的な話も多かったはずだ。それなのに、なぜ、そんなに、投票率が悪かったのだろうか。

やはり話題性なのだろうか。国政選挙のように大きく告知がされていたわけでもなければ、体勢への影響がなかったからだろうか。

選挙戦での駅前演説などは確実に行われていたのにもかかわらず。

そろそろ、この無関心さ、無気力な選挙への意識が、みんな変わっていくといいと思っている。無駄かとも思うことも多いかもしれないが、権利ですし。