いつも背伸びをしている

いつかの書きたかったこと

いつも背伸びをしている

 背伸びをした人生を送ることはかなり辛い。みんなに嘘つき呼ばわりされたり、カッコつけすぎだといわれて非難されることもある。けれども、この生き方は、自身の成長にはもっとも早い生き方なのだ。自身を、知ったかぶりやら強く見せつけることで、周りの人々に大きく見せる。だが、自分自身の中では、外面上に作り上げている自分に、一歩でも追いつかねばならないと焦る。そして、外面上の自分に追いつくことができなければ、自分というものへの、他人からの信用は倒壊してしまう。だから、必死に自分を上げようと努力する。その結果が成長だ。これぞ、私の人間成長術だ。