投資者による企業統治:経営者の責任の明確化

日本は株主=経営者の場合が多かったが、今は変わってきている。

企業統治とは

株主が権限の拡大や監査役の充実、情報開示(いわゆるディスクロージャー)によって企業を管理していくことを企業統治と呼ぶ。不況に突入した頃から、日本ではこの考え方が叫ばれるようになった。

株主という間接的利益受権者が直接的利益受権者である経営陣に対して、経営戦略の確認をいれることで、企業経営者の横領や特権的利益の搾取を阻む。または経営戦略のミスをただす。

この考え方によって、経営者は実績よりも能力を要求されるようになる。ある意味で、経営者には酷な考え方だ。しかし、逆に色々な人と話し合って経営管理ができる分、正統的で実利的な経営が出来るようになる。

ちなみに、欧米では年金の運用などについても企業が考えるので、うまく運用できない人間にはすぐに株主からクレームがつく。日本ではそういうわけにはいかないが、年金運用でも、もっと積極的にこの考え方を導入して、国民みんなが経営者という枠組み・姿勢を持つといい方向にいきそうな気がする。すべてうまくいくわけではないが、責任が明確になることで、仕事の能率はさらに跳ね上がるか、大きく落ち込むか。責任の明確性があるからこそ、報酬の大きさも納得してもらえるような気がする。