江国香織の童話集「こうばしい日々」レビュー

エッセイ

江国香織の童話集「こうばしい日々」レビュー

江国香織の「こうばしい日々」という作品を読んだ。
この作品は、童話集で、
産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞した作品だ。
アメリカ育ちの大介の日常を描いた、甘酸っぱいお話です。
恋愛と、野球と、遊びと、勉強と。
少年の日々がいっぱいです。
ガールフレンドのジルへの想いなどは、男性、少年視点でも
こんなに書けるんだと感心しました。

もともと、江国香織のほんとの出会いは、「きらきらひかる」。
この作品を読んで以来、僕は古本屋で、彼女の本を見つけると
必ず買って読むほど、彼女の作品のファンだ。
なぜ、そんなに好きなのかというと、
前向きで明るく、読みやすい文章。
それが、この「こうばしい日々」では、真骨頂といわんばかりに表現されている。

吉本ばななの文体に似てはいるが、作風が全然違う。
まず、人が死なない話であること。この点が大きく違う。
それでいて共感を誘うセンテンスと、重みのある文章。
それなのにテンポが良く、さらりとテーマを読者に突きつけてくる。
夏を迎えるにあたって、「こうばしい日々」は、ぜひ読んで欲しい一冊です。

江國香織とは

童話作家、小説家、翻訳家で詩人。
『草之丞の話』で童話作家としてデビュー。
『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本 周五郎賞を受賞。
2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞を受賞した。
『冷静と情熱のあいだ』は映画化もされ、大ヒット。
2015年には 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第51回谷崎潤一郎賞受賞。