ホームページの更新

エッセイ

いつかの書きたかったこと

ホームページの更新

 なんだかんだ言って、面倒くさくなるのがホームページの更新である。いつの間にかやらなくなる。だが、こうして更新している。それはなぜだろう。おそらく、ホームページを殺したくないのだ。殺したくないと思う気持ちの源は、ホームページに対する優しさなのだ。人を殺したいと思っても、殺さない。確かに、法で罰せられるからということもあるだろうが、それだけであろうか。そうではあるまい。自分の中にある優しさが、殺すという行為を止めているのだ。同じようなことが、ホームページにもいえるのではないだろうか。ホームページに対する優しさが、ホームページの更新をさせる。最近、さぼっていた身の私としては、そう考える。