身近にある詐欺被害!頻発する詐欺事件への対策

最近では有名な詐欺は、お年寄りをだます卑劣なオレオレ詐欺、エロサイトなどを見た!などといって支払いを督促してくる架空請求詐欺だろうか。昔は地面師などの詐欺師も見たが最近は見かけない。でも、身近にはいっぱい詐欺被害があるんですよね。

豊富な詐欺の種類

最近の詐欺は、こんなにあります。知らないと、怖いですよね。

オレオレ詐欺
架空請求詐欺(支払え詐欺)
融資保証金詐欺(貸します詐欺)
還付金等詐欺(返します詐欺)
異性との交際あっせん名目の詐欺(紹介します詐欺)

融資保証金詐欺とは、実際には融資しないにもかかわらず、低金利で融資をする旨の広告を行って、融資を申し込んできた者に対して、保証金や信用調査等を名目に現金をだまし取る詐欺です。

還付金等詐欺とは、税務署や社会保険庁、市町村役場、東京電力やNTTの名前をかたって税金や保険料、医療費、利用料金等の還付等に必要な手続きを装ってお金を支払わせる、送金させる詐欺です。

2015年でもこんなに!?詐欺の被害額

2015年だけでも、詐欺の被害額はこんなにあります。

架空請求詐欺で、3.5億円超。
融資保証金詐欺で、2千万円。
還付金等詐欺で、5千万円。

ちなみに、
あれだけ、ニュースなどで報道され、銀行の対応があっても、オレオレ詐欺は被害額がすごいんです。
なんと、3億円近くあります。

*長野県警調べ
http://www.pref.nagano.lg.jp/police/jikenjiko/tokushu/teguchi.html

実際に僕が体験?した物品詐欺

2年も前の話。僕はある日大きな道路沿いを歩いていた。日は沈み、空は暗く、道路を走る車のヘッドライトが道を明るく照らしていた。すると、紺のセダン車が僕の脇に止まった。そして、音もなく車の窓があがり、茶色のサングラスをかけた四十代前半の男が姿を現した。男は僕に声をかけた。

さっきまで時計の展示会をやっていたんだけど、展示品で余った物があるんだけど買わない?

彼はタメ語で僕に話しかけてきた。その日は確かにセイコーで展示会が行われていたので、僕は彼の言っていることが嘘ではないと思った。しかも、その当時にしては珍しく1万円も持っていたから、僕は思わず身を乗り出して彼の話を聞いてみた。すると、正価2万円の時計を売ってくれると言うのだ。僕は思わずオイシーと思い、買おうかと思った。

しかし、胡散臭いことは胡散臭い。そこで、2千円なら買うと突っぱねた。しかし、彼はそれでは売ろうとしない。安値では売りたがらないその素振りを見て、僕は即座にこれが詐欺だと気づいた。と同時に僕の中で詐欺にはまるのも面白いという考えも浮かんだ。

そこで、なけなしの3千円を彼に払おうとした。だが、売ってくれず、車は無言で立ち去っていった。

警察や弁護士が語る詐欺の対策

警察も弁護士も言っていますが、基本的には、甘い話はないと思おう!というところと、知らない人からの話は鵜呑みにしない、他の人に相談をする!だそうです。

・「おかしいな」と感じたら、家族や警察に相談する
・カンタンに融資を申し込まないようにする
・保証金を送金する前に、家族や警察に相談する
・身に覚えのない請求は無視する→確認は必要ですが。。
・税務署や年金職員など、公的な機関をかたる電話であっても、信用しない
・ATMの捜査を指示されたら詐欺だと思う
・知らない女性の甘い誘いに乗らない
・知らないかっこいい男の人の甘い言葉にのらない
・甘い話は信じない

組織ぐるみの犯罪や詐欺も多いので、まわりの信用できる人への相談が大事ですね。困ったら、市区町村や警察に直接相談するのもできます。そういった対策もありますので、身近な詐欺に気をつけましょうね。