月間100件!?【プル戦略】中小企業が自社企業サイトの問い合わせを増やす方法

営業は大変ですよね。100件テレアポをして、100件全部アポが取れないなんてこともしばしば。もっと言えば、10件アポがあっても、10件仕事にならないこともよくあります。これが大企業の決まった商品の販売であれば、まだまだ買ってくれるお客様もいるかもしれません。しかし、中小企業となると、企業ブランドもなければ、商品の他社優位性や独自性もないケースすらあります。

そんな中で、企業サイト、ホームページからお問い合わせをしてくれるお客様や電話で問い合わせをしてくれるお客様は非常に高い見込み率になりますよね。実際、私が知っている事例でも、問い合わせできてくれたお客様の80~90%は、ビジネスにつながっています。

そこで今回は中小企業が自社の企業サイトの問い合わせを増やす方法についてご紹介します。簡単にご紹介はしますが、実践するのは難しいところもありますけどね。

問い合わせが少ない理由:売っているものがよくわからない

まず、企業サイト、ホームページから、問い合わせが少ない理由を考えましょう。そもそも、問い合わせフォームがないとか、そういうレベルもありますが、1番多いのが、その企業サイトで、どんなサービスを販売しているかがわからない、というケースです。

そもそも、企業サイトの場合、うちはこんな業務をしているよ、こんな商品を扱っているよ、というのを告知しています。ですが、実は、その情報が、業界用語満載であったり、よくわからない内容であったりします。

お客様がwebサイトで課題を検索をしたときに、その答えになるような商品の紹介をしていますか?

この質問に対して、YESであったとき、その説明がわかりやすいかを考えてみてください。わかりやすいといっても、言葉のレベルだけではありません。図や写真、グラフなどでイメージができますか?競合他社の商品との違いは何か明確に記載がありますか?商品の強みや特徴が明確になっていますか?事例や実績、クチコミ情報などが掲載されていますか?

そういったレベルのわかりやすさが必要なんです。

まとめると、商品詳細などで必要なことは!

  1. 誰にでもわかりやすい言葉で書いていますか?
  2. 検索エンジンで検索される質問に対しての答えになっていますか?
  3. 図や写真、グラフなどで、その商品をイメージできるようになっていますか?
  4. 競合他社の商品との差別化が明確ですか?
  5. 商品の強み、特徴が明確ですか?
  6. 商品の事例や実績、クチコミ情報がありますか?

ただ、中小企業の場合、商品の差別化は難しいと感じるかもしれません。ですが、確実に言えることは、それでも、その会社に依頼をしてくるお客様がいます。その理由を、そのお客様に聞いてみるといいかもしれません。答えがきっとあるはずです。

問い合わせを増やす方法:見てくれる人を増やす

上記の改善がされたうえで、次は、問い合わせを増やすために、見てくれる人を増やしてみましょう。増やす方法はいくつかあります。

web広告、検索エンジン広告(リスティング広告)の実施

SNSへの投稿

ブログで商品やサービス、事例などを書いていく

SEO対策を実施

中小企業の場合、広告費なんて使えない・・・と思います。ですが、リスティング広告で、ニッチなキーワードであれば、1クリックにかかる広告費用は、十数円~数十円といったところでしょう。それで、100クリック誘導してみて、1クリックでもビジネスになったと考えれば、安いものではないですか?

単価の安い商品であれば、微妙かもですが、それでも、数万円の利益は出るでしょうし、その数万円が継続されるかもしれません。そう考えると、新規顧客の獲得費用としては、安いものですよね。

それでも、web広告に抵抗があるようであれば、SNSやブログ、自社企業サイトの情報更新で、検索エンジンやSNSからの流入を増やしましょう。それでも、特定キーワードで上位に表示されることで、アクセスするユーザーは増えてきます。

SEOの場合、当たり前のように、質の高いユーザーになります。

ある企業の事例ですが、お問い合わせ→1度のアポ→1時間で商品が売れた、そんな事例もあります。

とはいっても、簡単に紹介はできますが、情報を書き続ける、作り続けるのは大変ですよね。ですが、日々30分でも、そういった作業をする時間を作ってみてください。問い合わせ数はみるみる増えてきます。

中小企業で問い合わせが増えた事例・秘訣

私がコンサルティングをしている会社の事例です。商品はweb制作会社です。独自性がない上に、競合他社もたくさんいます。なかなかプルのお問い合わせがない状況でした。そんな企業が問い合わせ数を増やせた秘訣は、上記でした。

web制作といっても、企業サイト、ECサイト、採用サイト・・・いろいろと種類があります。その商品1つ1つに、説明書きをいれていったのです。その企業に依頼をすると、こんなメリットがある、こんないいものができる。

こういう事例がある、こういう風に褒められている。こういう手順で仕事をする、こういう感じでできあがっていく。このようなイメージで、web制作という役務を商品にして、企業サイトなどでアピールをしていったところ、営業的な問い合わせが徐々に増えていったそうです。結果、月間で100件ほどのお問い合わせを超えるほどになったそうです。もちろん、コンテンツを作ったからだけではありません。SEO対策もしっかりとした更新やサイト作りもしていたからではあるのですが。

ちなみに、ノウハウではありますが、実践するのは、もちろん、大変ですよ。地道な努力も必要ですし。きちんとした記述も必要ですし。

いかがでしたでしょうか?

皆さんのホームページ、自社サイトも、問い合わせを増やしてみよう!なんて思ったら、ぜひ1度、web制作会社や、広告代理店、コンサルタントに相談をしてみてください。

もちろん、私でよければ、ご相談にのります!!(笑)

↓↓ お問い合わせはこちら ↓↓
http://www.new-gps.club/form

すぐには回答できないかもしれませんが、ご容赦ください。


PAGE TOP