【簡易診断】10秒でわかる!自社webサイトのリニューアルタイミング

意外と多くの会社でwebサイトのリニューアルはしません。あれだけ、webサイトの技術やwebマーケティングの技術が変わっていても、そして、同業他社が新しいwebサイト、ホームページを公開しても、なかなかリニューアルしません。

コストも、そして、手間もかかるためかと思いますが、webで成功している会社は、どんどん新しいことを取り入れていっています。

ただ、実際、稟議などで、なぜ、webサイトのリニューアルをすべきかを説明する必要がありますよね。そこで、リニューアルのタイミングを検討するための簡易診断チェックをご用意しました。

簡易診断:自社webサイトのリニューアル時期に来ているかどうか。

今公開されているwebサイト、ホームページの問題点が明確にたくさんあれば、リニューアルのタイミングに来ていると思いますが、なんとなく、とか、自信がない方は、自社のwebサイトが、以下のどれかに当てはまっているかどうかを考えてみてください。当てはまる場合は、ぜひ、webサイトのリニューアルを検討してください。

1、webサイトリニューアルから1年が経過している

当たり前の話ですが、webサイトをリニューアルしたばかりでリニューアルをすることはありません。

ただ、1年も経過すると、webの技術、デザインのトレンド、SEOのルールなどが変化していることがあります。それゆえ、1年の経過をしているのであれば、webサイトのリニューアルを考えてもいいと思います。

また、1年としている、もう1つの理由は、アクセス情報です。1年を通して、どのようなアクセス状況になっているかを把握できていると思います。そこから改善を考えていけるからです。

2、デザインが悪い、古い、画面領域がせまい、小さい

これは大きな企業でもよくあるのですが、昔風のデザインのサイトでずっとそのままの会社があります。消費者の観点で見ていて、どう思いますか?その企業と接点を持ちたいと思いますか?

ある程度の期間が経過すると、Webデザインのトレンドは変わってきます。また、そもそも、消費者が見る画面の大きさが変わってきます。

スマートフォンの普及を考えてみてください。Webサイトは、スマートフォン対応が必須になりましたし、大きな幅をユーザーの視聴環境の比率であわせるようなデザインになりました。パソコンのディスプレイのサイズ・解像度も変わりました。これによって、幅広いページの方がデザインのウケがいいですよね。

3、機能拡張をしたい、新機能をつけたい

これも自社webサイトをリニューアルするためのポイントになります。たとえば、クレジットカード決済の機能をつけたい、は、多くの場合、大幅なwebサイトの改修になります。たとえ、それが、決済代行会社のサイトでのリンク決済だったとしても、FAQや、利用ガイド、ヘルプの拡充も必要ですし、決済を必要とするサービスを制作する必要があります。

このとき、大きな機能拡張を自社webサイトに行うのであれば、大胆に攻める意味でも、自社webサイトのリニューアルも検討したほうがいいです。

大きな機能拡張の目安としては、決済システムの導入、CMSの導入あるいはリニューアル、EC機能の追加、管理系機能の導入などになります。

4、コンテンツ、コンテンツ構成が複雑

ページが増えて、コンテンツの構成が複雑になっている企業サイトがあります。建て増し建て増しで、結果、どこに何があるかすらわからない。自社のスタッフでさえも、情報をなかなか見つけられない不親切なwebサイトになっていることはよくあります。

また、コンテンツ自体が、違うタイトルなのに、同じ内容というケースも出てきたりします。始めた当初は、こちらのコンテンツはプレゼントコンテンツ、こちらのコンテンツはインタビューコンテンツとしていたのに、いつの間にか、どちらのコンテンツもプレゼントコンテンツになっていたりした・・なんてこともあります。

コンテンツ構成の整理のために、ナビゲーションの改善するとかでは、もう、追いつきません。ページ数が多くなってくると、発生するリニューアルポイントです。

5、アクセスが少ない、伸び悩んでいる

アクセス数が少ないのであれば、webサイトのリニューアルは検討したほうがいいです。アクセス数が多いのに、問い合わせや資料請求が少ないのであれば、webサイトの改善でもすみますが、そもそものアクセス数が少ないのは、どうにも対応が難しいです。

アクセスが少ないなら、web広告を打てばいいのでは?という意見もありますが、広告はあくまで一時的な対処療法、栄養剤のようなものです。根本解決につながるような体力をつける必要性があります。

商品やサービスについて情報を増やしたり、自社ブログを作ったり、キャンペーンをしたり、SNSを更新したり。いろいろと対応策はありますが、多くの場合、コンテンツ構成やユーザビリティの改善、機能拡張、デザインの変更の方が効果的です。

いかがでしたでしょうか。

皆さんのホームページ、自社サイトに上記にあてはまる箇所はありましたでしょうか?もし、あるようであれば、ぜひ1度、web制作会社や、広告代理店、コンサルタントに相談をしてみてください。

もちろん、私でよければ、ご相談にのります!!(笑)

↓↓ お問い合わせはこちら ↓↓
http://www.new-gps.club/form

すぐには回答できないかもしれませんが、ご容赦ください。


PAGE TOP