いきなりSEO対策:共起語の探し方とコンテンツマーケティングでの活用方法

SEO、検索エンジン対策をしていると、最近重要視されがちなのが、共起語なんです。ですが、意外と、共起語ってなんだか、、、わからない、というケースがあります。そこで、今回は、「共起語」について、ご紹介いたします。

共起語とは

まず共起語の定義、意味です。

共起語とは、あるキーワードと、一緒に利用されるキーワードのことです。

一般的にWEBマーケティングでは、共起語は、SEO、検索エンジンで上位表示されるために重要とされる要素の1つです。ファクター的なものになりますので、これだけができていれば良いというものではありませんが、重要な要素ではあります。

共起語の具体例

例をあげます。「読売ジャイアンツ」の共起語は、
「チケット」
「選手」
「グッズ」
「プロ野球」
「セントラル・リーグ」
などがあります。
関連性の高いキーワードなので、
例としてあげた上記キーワードが共起語になります。
※もちろんすべての共起語ではありません。

SEO対策、検索エンジン対策における共起語の重要性

共起語を入れることで、検索に対しての答えを回答できる可能性の高いコンテンツを作ることができます。これによって、検索に対して質の高いコンテンツを提供しているということを、たとえば、Googleの検索システム、検索ロボットが認識をしてくれます。

自然に共起語の入った文章を作ろう

ただ、共起語を並べても、だめです。自然な感じで入れないと、文章の意味がわからなくなり、良い質のコンテンツにはなりませんよね。検索エンジン側も、人的なチェックもしているので、役立つコンテンツになるように、伝わるような文章にしないと駄目です。

共起語とコンテンツマーケティング

WEBマーケティングで最近トレンド、流行の手法にコンテンツマーケティングがありますが、コンテンツ記事を作る際に、共起語を元に考えると、コンテンツ記事を作りやすくなります。

たとえば。。。
「賃貸マンション」の共起語で考えると、
・物件
・高級
・保証人
・家賃
・敷金
・礼金
・地図
・間取り
などの情報になってきます。
これらをベースにコンテンツ記事を考えると、作りやすくなりませんか?
記事作成後のイメージがつきやすくなるのではないでしょうか!

共起語の探し方、見つけ方

共起語は、自然に探すというのはなかなか難しいかも、と思います。

そこで、方法としては、、、

共起語分析ツールみたいなものを活用する
https://contentsearch.jp/cooccur-terms.php

Google correlateを使ってみる
https://www.google.com/trends/correlate

普段の生活で考えていると、何が共起語で何が共起語でないのかは、判断もしにくいですし、いざ、パソコンの前で何かを書こうとすると、正直でてきません。だいたい、関連語との違いなども非常にわかりにくいですし。ただ、こういったWEBツールを使えば、共起語を探すのが手間がはぶけますし、わかりやすくなってきますよね。効率化は大事です。

共起語対策のまとめ

共起語をツールで検索してみると、意外と、みんながどんな目的?趣旨で、検索をしているのか、その意図を探せるようになってきます。そうすると、共起語を使ったコンテンツが、うまくはまり、SEO、検索エンジン対策の効果が出てくると思われます。売れているアフィリエイターさんなんかは、結構よくやっている方法なので、ぜひ、活用してみてください。