Twitter(ツイッター)広告の種類とメリットを簡単にまとめてみた!

Twitter(ツイッター)の利用者は非常に多いです。

全世界で3億2800万人が利用
日本国内での月間の利用者数も4,500万人(2017年10月)
参照:https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080

Twitter(ツイッター)の利用者層は、10代というイメージが強いのですが、情報発信、情報収集などが目的で30代・40代も利用しています。

Twitter(ツイッター)の場合、パイが大きいんですよね。

そんなTwitter(ツイッター)でPRできるTwitter(ツイッター)広告について、
まとめてみようと思います。

まずは、さらっとTwitter広告の種類とメリットをご紹介します。

ちなみに、Twitter広告の日本公式サイトはこちら!
https://business.twitter.com/ja/advertising.html

Twitter(ツイッター)広告の種類

Twitter広告には下記のようなキャンペーンがあります。このキャンペーンというのが、簡単に言うと目的にあわせた広告の種類なんです。

  • フォロワーキャンペーン
  • ウェブサイトクリックキャンペーン
  • エンゲージメントキャンペーン
  • アプリキャンペーン
  • クイックプロモートキャンペーン
  • 動画再生キャンペーン
  • オートプロモートキャンペーン

Twitter(ツイッター)広告の各キャンペーンでできる主なこと

フォロワーキャンペーン

フォロワーを増やすを増やしたい!という方がTwitter(ツイッター)広告を出すなら、このフォロワーキャンペーンを選んでください。

ウェブサイトクリックキャンペーン

これは、わかりやすいですね。自社のホームページ、ウェブサイトへの誘導を目的としたTwitter(ツイッター)広告です。

エンゲージメントキャンペーン

これは、そもそもエンゲージメントという言葉を知らないと、意味不明ですね。

要は、つぶやき投稿に対しての反応を得たい!ときに使うTwitter(ツイッター)広告なんです。エンゲージメントは簡単に言うと、反応です。

リツイートや、いいね、コメントなど、さまざまなアクションのことをさします。そして、そんな反応を得るために使うキャンペーン、Twitter(ツイッター)広告なんです。

アプリキャンペーン

これも読んで文字の如しで、アプリのインストールやアプリのエンゲージメント獲得を促進するためのTwitter(ツイッター)広告です。

クイックプロモートキャンペーン

わりとよく企業が使っている広告がこちらで、ツイートを拡散することが出来るTwitter(ツイッター)広告です。

固定ツイートの拡散ができるので、結果的に、エンゲージメント獲得につながったり、自社webサイトへの誘導にもつながります。

動画再生キャンペーン

そのまんまです、投稿した動画の再生数を増やすために使われるTwitter(ツイッター)広告です。

オートプロモートキャンペーン

これは過去に説明しましたが、つぶやいたツイートを自動的に広告してくれるサービスで、とても安い金額で出稿できるTwitter(ツイッター)広告です。

プレゼントキャンペーンに最適。Twitterオートプロモート広告とは
http://www.new-gps.club/marketing/twitter-auto-promo1904

Twitter(ツイッター)広告の料金は?

Twitter(ツイッター)広告はGoogleやYahoo!で提供されている検索エンジン広告、リスティングと同様にオークション形式の課金体系です。

ただし、リスティング広告との違いは、課金のタイミングです。

フォロワー獲得目的で広告配信した場合は、フォロワー獲得1件につき費用が発生。

ちなみに、だいたいですが、1クリックで数十円くらいで、広告出稿できます。Twitter(ツイッター)広告は、比較的安価なんです。

Twitter(ツイッター)広告のメリット

Twitter(ツイッター)広告のメリットは、簡単にまとめると3つ!

  1. 2次拡散による広告費はかからない
  2. 検索エンジンでは探せないユーザーにもリーチできる
  3. リスティング広告などに比べて安い

1つ1つ説明していきます!

1、2次拡散による広告費はかからない

出稿したTwitter(ツイッター)広告がリツイートされて、そこから配信目的のアクションが行われた場合、料金は発生しません。

拡散されればされるほど、安い広告料金で、自社のホームページへの誘導ができます。アクセスを増やしたいときには、いい投稿をツイートすればするほど、お得なんです!

2、検索エンジンでは探せないユーザーにもリーチできる

検索エンジンをうまく使えないユーザーなどにも、PUSHのように、Twitter広告は配信できます。ユーザーのツイートに反応して、広告が配信されるからです。

3、リスティング広告などに比べて安い

先ほども記載しましたが、Twitter広告は、リスティング広告よりも、安いです。リスティング広告だと、1クリック100円くらいになっていても、Twitter広告では、数十円なんてことは、結構あります。

まとめ:Twitter広告はもっと使われてもいい気がする

いかがでしたでしょうか?

Twitter広告は、いろいろな種類があって、かつ、メリットも大きい気がするんですが、意外と利用されていない気がします。

Twitterのブランドイメージなんでしょうかね。

たしかに、ターゲティングのデモグラは弱いんですが、その分、大量に広告配信できるのであれば、いいのではないかな?と感じてしまうのですがね。