ドロドロ系恋愛小説「堕天使色」2

ドロドロ系恋愛小説「堕天使色」2

 しかし、たいてい百合自身が電話に出てくれていたから、いつも、緊張する必要がなかった。むしろ、あまりにも神妙で、まじめ腐った僕の電話の応答に、百合はバカうけをしていた。百合がうけている間、緊張していた自分がたまらなく嫌になる。

 しかし、今日は緊張をまったくしなかった。きっと今日も百合が電話に出るであろうという余裕と、急にのどの奥からこみ上げてきた百合に会いたいという衝動によって、僕は、黒柳徹子の化粧の厚さほども緊張をしていなかったのだ。

長い呼び鈴の末に、受話器を取る音が聞こえた。

「あの、もしもし、坂井というものですが、・・・・。」

しかし、このときに使う(もの)という言葉はどういう意味なんだろうか。僕の頭には、そんな疑問がよぎったが、即座に、そのようなことを考えている暇はないことになった。

「はい、もしもし、・・・」

男の声だ。きっと、恐れていた父親が電話に出てきたのだ。百合の親父様が一番最初に電話をとったのだ。

「百合ですか、ちょっとお待ちください。おかーさーん、百合は?」

どうやら、百合は近くにいないようだ。なにやら、百合の父親が叫んでいるのが、受話器越しに聞こえる。

「百合は今お風呂に入っているようなんですが、後少しで上がると言っているのですが・・・・・・・」

どうやらかけ直せという方向に行きそうだ。これならばいい。僕のもっとも恐れていた百合の父親との電話会談にはならないようである。

「後でおかけ直しください。あ、あと、お名前を伝えときますので、お名前をおっしゃってもらえますか。」

「あ、はい、坂井といいます。」

「フルネームでお願いします。坂井なんて名字どこにでもありますから。」

なにやらチェックがしつこい。まるで、テレフォンショッピングにかけているみたいだ。

「すいません、坂井 丈です。」

「どこの坂井丈さんですか。」なおも百合の父親はつっこんでくる。これはまさに、僕の恐れていたネチネチとしたつっこみではないか。いちいち氏素性を聞いて確かめていく。そういえば、百合の父親は坂上電気の人事課長だ。道理で話口調がなめらかだ。答えねばならないような気にさせる。知らぬ間に、僕の受話器を握る手は汗をかいていた。

「あ、はい、交友大学文学部三年の坂井丈です。」

僕はもう、やけのやんぱち、でこっぱちになっていた。

「百合とは大学も高校も違うようだが、百合とはどこで知り合ったのかね。」

「はい、あの、ある日、僕が鎌倉町を何気なく歩いていたら、百合さんとぶつかってしまい、百合さんのワンピースに缶コーヒーをこぼしてしまい、そのときに知り合いました。」

とっさとはいえ、つい、嘘をついてしまった。しかも、あわてて嘘をついたせいで、トーンに動きがある。これでは嘘だということがすぐにわかってしまう。だが、バイト先の先輩とは今更言いにくい。

「本当かね。」

威厳のある重い声が受話器を伝わってきた。だが、声と心の中は裏腹なのであろう。きっと、あわてた対応の僕を笑っているに違いない。僕には百合の父親の面白がっている顔が容易に想像できた。今の僕は、テレビ電話で会話をしているようなものであった。

「私はそんな話を聞いたことないがね。」

すべてお見通しというような、天井から悪人を見下ろすエンマ大王のような声である。

「いえ、あの、私、嘘をつきました。」

「嘘はいかんねえ、嘘は。で、本当は、どこで百合と知り合ったのかね。」