山形県 蔵王に行く前の話 蔵王旅行記1

「蔵王に行く前の話」  12月も中頃。私は7人の優しい日本人の友人たちと、蔵王という聞いたことはあっても、どこにあるのかはまったく不明な場所に行くことになっていた。そこに行く目的は、冬スキー。冬のパウダースノーの上を、実力のない受験生が大学受験を滑るようにスイーと滑ろうというものだ。  冬スキーというものを、私はあまり経験したことがない。春スキーというものは、5,6回ほど行ったことがあるが、冬スキ […]

いつも背伸びをしている

いつかの書きたかったこと いつも背伸びをしている  背伸びをした人生を送ることはかなり辛い。みんなに嘘つき呼ばわりされたり、カッコつけすぎだといわれて非難されることもある。けれども、この生き方は、自身の成長にはもっとも早い生き方なのだ。自身を、知ったかぶりやら強く見せつけることで、周りの人々に大きく見せる。だが、自分自身の中では、外面上に作り上げている自分に、一歩でも追いつかねばならないと焦る。そ […]

東京駅5分の癒しスポット 和田倉公園

いつかの書きたかったこと 東京駅5分の癒しスポット 和田倉公園  東京駅から歩いて、5分ぐらいのところにある和田倉公園。今夜、始めてみたのだが、その光景は、まるで外国のように、非日本的なものであった。そう感じさせた要因は、水がなだらかに流れていることだと思う。サラサラと流れる水の音が、都会しか知らない私には、非日本的なものに思われ、スイスの鉱山から水が流れることをイメージしたからだ。また、照明がほ […]

万座にスキー旅行記

万座スキー旅行記 第1回  旅行というものは楽しい。行くまでの、これまでに一度も乗ったことのない列車に乗ることや、初めてのホテルに泊まること。新鮮で、新しい自分になれたような気がするからだ。それゆえ、私は旅行を多々したがる。しかし、いかんせん、私のような狂った人間と旅行鞄を並べてくれる人間は少ない。生活態度の不規則さ、行動欲の異様な低さ、体力のないこと。列挙していけば、数え切れないくらいある。   […]

東京オペラシティアートギャラリー 宮島逹男展 MEGA DEATH:shout! Shout! Count

2000年5月11日 東京オペラシティアートギャラリー 宮島逹男展 MEGA DEATH:shout! Shout! Count  「それは変化し続ける」、「それは永遠に続く」、「それはあらゆるものと関係を結ぶ」という3つの明確なコンセプトに基づいたデジタルカウンター(L.E.D)に代表され、それぞれの数字が異なる速度で明減し、0を示さ ないことによって、時間や人間のライフサイクルの連続性、永遠性 […]

ホームページの更新

いつかの書きたかったこと ホームページの更新  なんだかんだ言って、面倒くさくなるのがホームページの更新である。いつの間にかやらなくなる。だが、こうして更新している。それはなぜだろう。おそらく、ホームページを殺したくないのだ。殺したくないと思う気持ちの源は、ホームページに対する優しさなのだ。人を殺したいと思っても、殺さない。確かに、法で罰せられるからということもあるだろうが、それだけであろうか。そ […]

礼儀の話

いつかの書きたかったこと 礼儀の話  図に乗っていると、忘れてしまうのが礼。ボーっとしていると、乗り越してしまうのが儀。結局は、本人の意識の問題なので、本人がどんな境遇であろうと、忘れてしまったことに理由なぞない。だから、そういうモノの落ち度は責められて、当然である。いや、責めてもらわねばならない。そうしなければ、礼儀への落ち度は治らないからだ。その責められた言葉を、うるさい蠅を叩くように始末する […]

ホタテの食べ方

いつかの書きたかったこと ホタテの食べ方  ホタテは貝だ。貝の仲間だ。今日それを、私は口に放り込んだ。焼いたホタテに、腕力のあらん限りを尽くして搾ったレモンをかけ、そしてさっぱりと口の中に入れる。ふはーという感じで、口の中一杯にうま味がジワジワと広がる。ただ、ここでうま味を終わらせてはいけない。一、二度噛んだ後に、ホタテの焼き汁を呑むのだ。レモンの残り汁と、ホタテのだしがうまい具合に絡まって、ラー […]