エッセイ

ホタテの食べ方

いつかの書きたかったこと ホタテの食べ方  ホタテは貝だ。貝の仲間だ。今日それを、私は口に放り込んだ。焼いたホタテに、腕力のあらん限りを尽くして搾ったレモンをかけ、そしてさっぱりと口の中に入れる。ふはーという感じで、口の中一杯にうま味が...
エッセイ

所ジョージ論

いつかの書きたかったこと 所ジョージ論  彼ほどの芸人はいない。なぜなら、彼の芸が知識と機転だからである。その知識の広さは、まるで涸れることの知らない湯沢の温泉のように。機転の働く速さは、激しい川の流れを遡る鮭のように速い。この二つの融...
web小説

web小説「六色の弾丸」1  

オンライン小説「六色の弾丸」 第1回  琥珀色の町に、僕はただ眠気マナコでトボトボと歩みを進めている。しかも何の目的もなく、そして、何の意思もなく。ただ、茶色い革靴と、僕の青春という愚かしくも無自覚な時間をすり減らすために。やがて、闇...