隠れ家的名店!大田区大森の焼肉「しまづ」

大森は、大田区にあるJRの駅のある街です。山王が高級住宅地として、
昔は有名でしたが、ここにある焼肉「しまづ」さんが、
今回紹介するレストランになります。

割と古いたたずまいなので入りにくいかもしれませんが、
中は、清潔感のあるレストラン、焼肉屋さんです。
テーブルも、整理整頓されており、ベテランの香りがします。

この焼肉「しまづ」で最初に頼むべきは・・・レバーです!!

新鮮レバーでくさみがない

レバーの臭みがまったくないんです。
食感も、変なやわらかさがなくていい。
食べた感じ、お肉のほのかな甘くさはフワッと広がります。
こういう甘さはいいですね。
ご飯との相性ではなく、最初に食べるべき、そんな甘さ。
キムチなども頼んでおいてもいいでしょうが、
速攻で、このレバーを攻めておいたほうが、
後々うましっっと感じてきます。

続いて、タン。タン。

頼むべきは「特撰ネギタン塩」。
最近、焼肉のふたごも好きなので、あの焼肉ふたごでも
御目にかかれますが、
お肉の上に、ネギがびっしりとのっています。
そして、片面焼きで十分なお肉。
舌が感じる、やわらかい。
タンなのに、とってもやわらかいんです。
それでいて、噛むと、うまみがじゅわっと出てきます。
タンは、これだけではないのです。
結構、脂がのっているので、
ネギとの相性が抜群です。

ハラミ、最後にカルビのフローが良いフードワークフロー★

上ハラミを頼みましたが、けっこう厚いんですよね。
しまづさんのお肉は、全体的に厚めで食べ応えがあります
このハラミがまた絶妙です。
控え目の脂で、すっきり赤みというかんじです。
でも、タレの味付けがしっかりしているから、
まったく飽きません。
そして、最後にカルビを頼む。
しっかりとした脂をまとったカルビ。
このカルビが、本当にご飯にあう味の濃さ。
内臓にまとわりつくのではないかと思うほどの味わい深さ。
タレとのマッチ度100%。
ご飯が、進みます。

蛇足ですが、豚足よかったです。

個人的に二重丸だったのが、豚足。
見た目はいつもの豚足ですが、
酢味噌がおいしいです。
すっぱすぎず、味噌のしつこさもなく。
惰性でむさぼり食べ、食い尽くせます(笑)
軟骨も柔らかいので、ついつい、むさぼります。

*豚足とは・・・茹でた豚の足です。
コラーゲンが多いので、美容にいいですね。
皮とその周りの肉を食べる、美容フード?です。

ちなみに、温麺もさっぱりしていて締めによいです。
冷麺っぽい弾力ですが、味はしっかりついてます。
カルビの後には、物足りなさも感じるかもしれませんが。

この焼肉はおすすめです。

焼肉 しまづ
JR大森駅東口から徒歩7分
東京都大田区大森北1-14-4
Tel:03-3767-1129
セントラルビル1階
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13136612/