TAG

アート

ギフト・オブ・ホープ 21世紀アーティストの冒険 東京都現代美術館

ギフト・オブ・ホープ 21世紀アーティストの冒険 東京都現代美術館 東京都現代美術館とは 現代美術をより知ってもらうため、 そして、現代美術・芸術文化の充実を目的として1995年3月に開館。 2016年から、大幅リニューアルのため、閉館中。 MOTの通称で親しまれている。 木場公園内にある美術館。 清澄白河、両国エリアということで、 東京スカイツリーとの観光相乗効果もあった美術館です。 はやく、復 […]

territory オランダの現代美術 東京オペラシティーアートギャラリー

東京オペラシティーアートギャラリー territory オランダの現代美術 東京オペラシティーアートギャラリーとは 初台、新宿の隣にある東京オペラシティの中にある美術館。 現代美術、近代美術がメイン。 都会、東京のイメージが、作品にも出ていて、 だいたい、展示については、高評価を得ている美術館です。 オランダのモダン芸術なども積極的に展示していて、 昨年の9月から11月も オランダのモダン・デザイ […]

出光美術館 ジョルジュ・ルオー展

出光美術館 ジョルジュ・ルオー展 出光美術館とは 昔は秋葉原にあったのですが、今は、日比谷になりました。 福岡県北九州市の門司港レトロ地区にもあります。 東洋古美術を中心とした美術館です。 陶器系のものが多いですね。 あとは、すずりとか、文、筆とかですね。 併設展示もしていて、ルオー作品は今でも出ているみたいですね。 初代館長出光佐三氏がルオーの油彩連作「受難」をきっかけとして 収集を開始したよう […]

絵巻物なら、白描画~六本木サントリー美術館~

サントリー美術館で絵巻物展をやっていた。 時間に余裕もあったので、僕は絵巻物を見ることにした。 サントリーはあのお酒メーカーのサントリーですが、 サントリー美術館とは 六本木の東京ミッドタウンにある美術館。 昔は赤坂見付にありましたね。 六本木開館10年以上経過しています。 そもそもの設立は1961年。 もう、50年以上前ですね。 基本理念として「生活の中の美」を元に、 さまざまな企画展示がされて […]

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 安田火災美術財団奨励賞展にて

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 安田火災美術財団奨励賞展にて 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館とは 新宿の損保ジャパン日本興亜本社ビルの42階にある美術館。 もちろん、一般の方も入場できます。 落ち着いた雰囲気で、重厚な感じです。 東京都心の雄大な眺望が特徴的。 都庁のような景観の良さも売りのひとつですね! もともとは、安田火災が文化貢献として展開していた美術館。 独自の女性像と […]

写真と美術の対話-東京国立近代美術館フィルムセンター展示室

東京国立近代美術館フィルムセンター展示室 写真と美術の対話 タイトルからして、アートなお話なんです。 東京国立近代美術館自体、結構抽象性の高い展示物は多いのですが。 東京国立近代美術館とは 東京都千代田区北の丸公園にある美術館 独立行政法人国立美術館が運営。 2012年には大幅リニューアル。この年が開館60周年でした。 ちなみに今回のフィルムセンターは銀座のお隣り京橋にあります。 フィルムセンター […]

三宅一生展 東京現代美術館について

三宅一生展 東京現代美術館について 三宅一生とは 服飾デザイナー、ファッションデザイナー。 2017年には79歳にもなります。 高松宮殿下記念世界文化賞彫刻部門(2005年)なども受賞。 その評価は世界的です。 被爆体験の公表などでも有名です。 パリ・コレクションに参加していたりしています。 東京現代美術館 三宅一生展 Issey Miyake Making Things パリコレクションにおける […]

東京オペラシティアートギャラリー PRIME:記憶された色と形

東京オペラシティアートギャラリー PRIME:記憶された色と形 2000年6月20日に見ました。西新宿、初台にある美術館「東京オペラシティ アートギャラリー」 「PRIMEとは「物事の根元」や、そのものが「最も輝きを放っている状態」を示す言葉である。今回の展示会では美術のプライム的要素である色や形、サイズといった造形的な観点から現代美術を見直す事をコンセプトとしている。 現代美術は全体的な方向性を […]