web小説

web小説「六色の弾丸」4

 「さて、帰るか。これであと残ったのは、二発だな。」

そばにいるはずの神に、僕は笑いながら告げた。漆黒の中に隠れている神は、顔を見せもしないし、声も聞かせてくれない。それでも、僕にはわかり始めてい ...

web小説

web小説「六色の弾丸」3

 地下鉄の中吊りを見ながら考えた。人はなぜ、こうも噂好きなのだろう。しゃべりたいという欲望に動かされているからだろうか。もし、そうであるのならば、それは僕のやっていることと薄い皮一枚も変わりない。ならば、僕の ...

web小説

web小説「六色の弾丸」 第2回

 あのウサギが僕の前に姿を現したのは、僕が大学に入って三ヶ月がたった頃だった。学食で、大学に飽き飽きしていた僕の前に、青いスラッとしたロングスカートを履いたウサギが現れたのだ。そして、僕の隣に座り、僕に ...

web小説

オンライン小説「六色の弾丸」 第1回  琥珀色の町に、僕はただ眠気マナコでトボトボと歩みを ...
PAGE TOP