TAG

旅行

実体験-冬の中国・上海旅行記-END

実体験-冬の中国・上海旅行記-END ○ 1月1日(木) ■ 13時30分 伊勢丹や食品店を出た後、さすがに足が 疲れたので、コーヒーショップへ。 どう見ても普通のチェーン店ぽい、 まるで日本の珈琲館的なコーヒーショップに入りました。 注文カウンターでウエイトレスと 楽しく話している若い白人男性を発見。 珍しく英語で会話できるな~っと思って、 さっそくオーダー。 「アイスコーヒー プリーズ!」 O […]

実体験-冬の中国・上海旅行記7

実体験-冬の中国・上海旅行記7 ○ 12月31日(水) ■17時30分~19時30分 上海ヒルズから南京東路へ行こうということになり、 上海ヒルズから出た瞬間、さっきよりも風は強化していることに気づきました。 寒い。とにかく寒い。 そもそもの寒さにビル風がコンビネーション。 これでは凍えますね。 ですが、タクシーはまったく捕まらない。 上海の人は結構タクシー使うんですよね。 近くのホテルのタクシー […]

実体験-冬の中国・上海旅行記6

実体験-冬の中国・上海旅行記6 ○ 12月31日(水) ■ 14時00分~15時00分 豫園からタクシーに乗って、いよいよ上海ヒルズへ。 川を渡らなければいけないので、遠くなるよって タクシーの運転手が優しく言ってくれます。 (もちろん、中国語なので、本当かどうかは知りません) いい運転手だなって思いました、、、が、 実際は凄くぼられました。この旅行で1番タクシー代を払ったのは、 この区間です。空 […]

山形県蔵王でイビキが止まった秘密-蔵王旅行記8

山形県蔵王でイビキが止まった秘密-蔵王旅行記8 徹夜同然の朝はひどいものだった。眠気と日光からくる起きろ起きろ光線とで、頭が混線。朝ご飯など喉を通るどころではなかった。それゆえ、リンゴジュースでもって、納豆にまみれた白米を流し込んだ。しかし、味は惨憺たるもので、余計にものを食べる気がしなくなってしまった。さらにさっきよりも悪いのは、吐き気が体中にまわってきてしまったのだ。 眠気、吐き気。睡眠欲と食 […]

山形県蔵王にスキーにきて徹夜麻雀-蔵王旅行記7

山形県蔵王にスキーにきて徹夜麻雀-蔵王旅行記7 皆がスキーからルーセントタカミヤに戻ってきた頃には、私はすっかり起きていた。しかも、相当元気になっていた。そして、それが当たり前のように、スキーおつかれー!待っていたよ~と迎えた。呆れ顔のみんなに、私は苦笑。 でも、これが友情。許せる。価値観を見捨てない。友情はそういうもんだな~と改めて感じた。しかし、スキーで迷子になったことについて、誰も、私を探さ […]

山形県蔵王のスキーで迷子になる-蔵王旅行記6

山形県蔵王のスキーで迷子になる-蔵王旅行記6 日ごろはねぼすけの私だが、旅行となるとなぜか目覚めがいい。不思議なくらいに丁度いい時間に目が覚めた。何にちょうど良い時間なのか。それは朝食である。 朝食。東京では口にしないご飯ではあったが、これまた旅行先では必ず食する。それも必ず、おかわりをする。気分が違うと、満腹中枢さえも違うのだろうか。首を傾げながら、私はご飯をガツガツと平らげた。おかずは、のりと […]

山形県蔵王でホテルに泊まる-蔵王旅行記5

山形県蔵王でホテルに泊まる、温泉につかる-蔵王旅行記5 スキーから撤退してきて、ホテルの時計を見るとまだ14:00。積極的にスキーをさぼった私はひと風呂浴びようと、エロ右衛門に提案する。エロ右衛門は、昼風呂はいいねええ、エロそうな目で快諾してくれる。女風呂じゃないよ。。。と突っ込む。もちろんだよ~っと、残念そうな低い声。 10分後くだらないやりとりもそこそこにして、 私たちはホテルルーセントタカミ […]

山形県蔵王でスキーを積極的に怠ける-蔵王旅行記4

山形県蔵王でスキーを積極的に怠ける-蔵王旅行記4 久しぶりのスキーに翻弄された私ではあったが、どうにかこうにか体裁を繕って滑ることができるようになった。これもひとえに自らの肉体のおかげである。そして、それは広く解すと、神のおかげである。偉大なる神よ、ありがとう。 そう思いつつも滑り続けていると、いつもの癖が始まった。迷子である。ゲレンデで皆にはぐれてしまったのだ。一緒にいるのは、エロ右衛門一人。彼 […]