web小説

青春&友情小説「雨」END

のどの渇きを覚えた。大量に汗をかいているのだから、当たり前のことかも知れない。僕は自動販売機を探し始めた。目の前に架けられている橋の向こう側に、ジュースの自動販機らしきものが見える。黄色い街灯が、降り続ける雨 ...

web小説

青春&友情小説「雨」7

「もしもし」
僕の無言に拍車をかけるように、男の声が続く。
「もしもし、近藤だろ?」
「ああ」
いつの間に岩崎祐子の電話を取るような仲になったのだろう、加藤は。ビニール傘が大きく揺 ...

web小説

青春&友情小説「雨」6

吊革に必死につかまりながら、僕は外を見ていた。電車のスピードが速すぎて、建物も道も、道を歩く人もじっくり見ることができない。やはり、僕には電車はあわない。やはり、僕は社会にとけ込めない。それが悪いことではないこと ...

web小説

青春&友情小説「雨」5 車体中央に水色のライン。京浜東北線の車両がスピードを落としながら、 ...

web小説

青春&友情小説「雨」4 去年の夏、僕はやたら忙しかった。時計台の歯車のように働いた。朝8時 ...

web小説

青春&友情小説「雨」3 電車が滑り出したときには、僕は窓から外を見つめ始めていた。目黒に向 ...

web小説

青春&友情小説「雨」2 新宿駅の4番線ホームから、山手線の電車に乗り込む。終電近いためか、 ...

web小説

青春&友情小説「雨」 この小説は、青春もの、友情ものの小説です。男性同士の友情を記した作品 ...
PAGE TOP