web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」end

何本も大きな通りが横たわっている。その先に建物がある。僕の前を横切る車のヘッドライト。闇の中で、その光がれんが造りの大きな建物をくっきりと浮き彫りにしてくれる。明るい、巨大なその建物。そ ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」9

そう。僕はあの時答えを見つけた気になっていたが、それは見つけた気になっていただけだったのだ。答えなんぞ見つけていなかったのだ。

五階建ての大きな書店である三省堂を右手に曲がった。 ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」8

そういえば。僕は再びPHSを取り出した。知佳からメールがあったのに、気づかなかったかも知れない。急に、そんな思いに駆られたからだ。だが、着信はなかった。電話の着信に過敏になっている僕が気づか ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」7 石畳の名もなき橋を渡った。市ヶ谷にある自衛隊 ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」6 エレベーターを下りると、新宿の灯が目に飛び込 ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」5 しかし、飲み会の場で冴えない顔をしているのも ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」4 座敷を見渡した結果、奥の方で空いている席を見 ...

web小説

オンライン青春小説「国道302号線を歩く」3  <イマドコニイル? ヒデ> メールを打って ...
PAGE TOP