実体験-冬の中国・上海旅行記7

実体験-冬の中国・上海旅行記7

○ 12月31日(水)

■17時30分~19時30分
上海ヒルズから南京東路へ行こうということになり、
上海ヒルズから出た瞬間、さっきよりも風は強化していることに気づきました。
寒い。とにかく寒い。
そもそもの寒さにビル風がコンビネーション。
これでは凍えますね。
ですが、タクシーはまったく捕まらない。
上海の人は結構タクシー使うんですよね。
近くのホテルのタクシー待ちに行っても、
なかなかタクシーが手配されないくらいでした。

仕方なく、地下鉄の駅まで寒い中歩きました。
この冷えが異常で、南京東路を歩くプランを
辞めて、ホテルに戻ることに。
足早に、この旅行で初めての地下鉄へ。
地下鉄は、韓国、台湾のものと、ほぼ変わりません。
切符はSUICAのようなカードを購入して乗ります。
ただ驚いた。韓国&台湾と大きく違うのは、
乗っている人の数。
朝の満員電車とほぼ同じ、というよりかは、
東京の中でも屈指の混みようでした。
隣駅で押された形でホームに飛び出すと、
もう乗ることなんてできません。
仕方なく、当初の目的だった南京東路の街へ。

がんばってタクシーを拾えるように道を探し
ますが、なかなか見つからない。
軽く20分ほど歩きますが・・・。
それもそのはず。大晦日のせいで、都心部に
向かうタクシーはあるのですが、
都心部からそれるタクシーはほとんどいないかんじなのです。
近くで客を降ろしたタクシーに近づいても運転手は手を横に振って、乗車拒否。
はてはて困ったと思っていたら、デパートのタクシー乗り場を発見。

このタクシー乗り場。タクシー乗り場と書いたオブジェクションの脇にボタンが。
何のためのボタンかはさっぱり。押しても・・・動きがない。
そうこうしているうちに、
やっとタクシーを捕まえられました。
ただ、運転手も足元を見て、700円くれって言ってきます。
今は、体力がなくなっているので、
ぼられているのがわかっていても、
今回は払います。
こういうのが良くないんでしょうね・・・

■ 21時00分
夕飯を食べに、近くの飲茶専門店「避風塘」へ。
ネットで調べたら、24時間営業の上、
日本語メニューのあるお店。しかも、価格が安い!
クチコミも評判がいい。
これは!っと思って行ってみました。

確かに混んでいます。なので、並んで入ります。
でも、こういうお店が混むのは、多少納得しますが、
なぜか、上海では、COCO一番(ココイチ)や
マクドナルド、KFCも満席でした。
カレーのココイチについては
長蛇で並んでいるくらい。
中華とは違う味だからって理由なんでしょうね。
と思っていましたが、
そもそも、人口の過密度の違いでしょうね。

エビと黄ニラの腸粉(220円)やちまき、エビ餃子、
おかゆ、ショウロンポウなどの料理を
10品目食べました。
この旅行で1番たくさん食べたのは、このお店。
汚い話ですが、食卓で吐きかけたくらい。
味はとってもいいのですが、
八角の匂いの強い料理が多く、それが辛い人には
相当ヘビイな食事になっていたようです。
カニグラタンはクリームパスタみたいなかんじでしたが、
これがまた美味しかったですね。
ちまきは八角が強くて、同行者はほとんど手をつけられず。

ちなみに、このお店は若者が多く、
中国人の若者のきれいな顔をたくさん見れました。
美男美女カップル、美女と野獣カップル。
美女とおたくのカップル。
国が変わっても、人と人の縁は変わりませんね。

といったところで、2日目も終了。
いよいよ明日はショッピング街と、恒例長距離散歩!!

明日は、上海の最終日です。
今日は、僕の禊でもある一人歩き!です。
欧風タウンとブランドの街の散歩がメインテーマです。


PAGE TOP